カサカサ乾燥肌はニキビの原因に!すぐに使いたいおすすめ化粧水3選

スキンタイプ

あなたは、乾燥に潜むニキビができる危険をご存知ですか?

「乾燥したら適当に化粧水と乳液で保湿しとけばいい!」とスキンケアを簡単に済ませている方は多いのではないでしょうか。

確かに保湿は大事なのですが、使う化粧水と乳液は慎重に選ばなければいけません。

今回は、美容ライターが乾燥におすすめの化粧水を厳選してご紹介いたします。

肌の助
肌の助

「安くて効果が高い化粧水を使いたい!」という方は必見!の内容となっております。

スポンサーリンク

肌の乾燥はニキビの元

ニキビは、「夏」、「皮脂」などが原因でできるイメージですが、「乾燥」でもニキビはできるんです。

大人ニキビの主な原因は乾燥ですし、冬になったらニキビが増える原因も乾燥です。

※「乾燥=ニキビ」というキーワードを頭の辞書に加えておいてください。

では、実際に乾燥が原因でニキビができる理由を確認していきましょう。

肌が乾燥すると…。

1.肌のバリア機能が低下 外部からの刺激に弱くなる+肌の水分が蒸散しやすくなる
2.ターンオーバーの乱れがちになる 角質肥厚になり、毛穴が詰まりやすくなる。
3.皮脂の分泌量の増加 肌の余分な皮脂によって毛穴が詰まりやすくなる。

肌が敏感になるというイメージはしやすいけど、肌が乾燥しているのに皮脂の分泌量が増加!?と思いませんでしたか?

肌が乾燥すると、肌に潤いを与えようとする働きによって皮脂の分泌量が増加してしまいます。

ということは、乾燥が原因のニキビも結局は「皮脂」が原因ということになります。

乾燥は美容の大敵」と言われている理由も納得ですね!

乾燥は、ニキビの原因を作るだけではなく、悪化させる危険も高いので保湿ケアがカギとなります。

なので、アフターケアの必須アイテムである化粧水から慎重に選び、肌に潤いを与えましょう!

スポンサーリンク

乾燥肌の化粧水は保湿重視で選ぼう

\乾燥が原因のニキビにおすすめの化粧水選び方/

✔保湿力の高い成分が配合されている
✔低刺激
✔しっとりとしたテクスチャー
✔肌荒れやニキビを防ぐ有効成分が配合されている
※テクスチャーは好みで選んでくださいね。
迷子の子猫
迷子の子猫

たった4つだけをチェックすればいいの!?

肌の助
肌の助

そうなんです!
たった4つだけをチェックするだけで、乾燥肌の化粧水選びはOK!

化粧水選びで一番大切なのは、保湿成分が配合されているかです。

保湿成分とは具体的にどんな成分名で記載されているのかを配合されていると嬉しい保湿成分と同時にチェックしていきましょう!

化粧水に配合されていると嬉しい保湿成分
グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、スクワラン、アミノ酸

「成分表」に記載されている成分名でご紹介しているので、参考にしてみてくださいね!

【低刺激がおすすめの理由】

ニキビができている状態の肌は、刺激に敏感になっているので、〇〇フリーや〇〇不使用と記載されている化粧水を選びましょう。
低刺激の他には、肌荒れやニキビを防ぐ有効成分が配合されていると、保湿+ニキビ対策ができるので嬉しいですよね!

ところで、実際に化粧水を買う時に、商品に記載されている「成分表」は見たことありますか?

「成分表」には、その商品の配合されている全成分が記載されていますので、必ずチェックしてくださいね。

 

化粧水選びは慎重に

「今使っている化粧水が自分の肌に合ってるかわからない…。」と感じたことはありませんか?

化粧水を塗って、ヒリヒリしたり痒いと思ったらその化粧水は肌に合っていない証拠です。

又は、強いパッティングやコットンによる刺激もヒリヒリや痒みの原因になります。

肌に合わないまま使い続けると、刺激によるニキビの悪化や肌に大きなダメージを与えてしまいます。

アレルギーが気になる方や肌が弱い方は、商品の「成分表」で成分をチェックすることをおすすめします。

肌の助
肌の助

肌に化粧水が合わなかった場合は、化粧水をすぐに拭き取り使用を中止してください!

スポンサーリンク

今すぐにでも使いたい!おすすめ化粧水3選

それでは、厳選したおすすめの化粧水3選をご紹介していきたいと思います!

今回は、2,000円以下の化粧水を「保湿+低刺激重視」で選びましたので、参考にしてみてくださいね。

肌の助
肌の助

値段が高ければ効果は高い!というわけではありません。
毎日使う化粧水なので、安くて効果が高い化粧水を選びました!

1.【オルビス】薬用クリアローションM

商品情報 内容量:180ml
保湿力
低刺激
テクスチャー しっとり
有効成分 グリチルリチン酸2K
肌荒れやニキビを防ぐ有効成分が配合
【全成分】
有効成分:グリチルリチン酸2K
その他の成分:水、エタノール、BG、グリセリン、ソルビット液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、ローズマリーエキス、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

バランス型の化粧水と言えるクリアローションM。

使い心地は、しっとりとしており、保湿力を肌で感じることができます。

有効成分もしっかりと配合されており、ニキビのことを考えられた定番の化粧水です。

無油分、無香料、無着色+界面活性剤不使用で低刺激の化粧水だと言えます。

 

2.【FANCL】アクネケア 化粧液

商品情報 内容量:30ml
保湿力
低刺激
テクスチャー サラサラ
有効成分 【グリチルリチン酸2K】
肌荒れやニキビを防ぐ有効成分が配合
【全成分】
有効成分:グリチルリチン酸2K
その他の成分:精製水、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、シャクヤクエキス、トウニンエキス、シソエキス-1、モクツウ抽出液、プルーン酵素分解物、ゼニアオイエキス、フィトステロール、大豆リン脂質、天然ビタミンE、ベタイン、ラフィノース水和物、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ジグリセリン、DPG、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、グリセリンエチルヘキシルエーテル、メントール、クエン酸、クエン酸Na

サラサラとしたテクスチャーですが、濃グリセリンをはじめとする保湿成分が豊富に配合されています。

注目してほしい点は、「無添加」ということで極力刺激を与えたくない状況には嬉しいですよね。

低刺激特化型の化粧水ですが、配合されている成分が乾燥ニキビ改善へと導きます。

内容量は30mlと少ないのですが、100円玉1枚分の使用量で30日間使えます。

 

3.【Skin mania】セラミド うるおいバランスミスト

商品情報 内容量:80ml
保湿力
低刺激
テクスチャー サラサラ
有効成分 【アラントイン】
肌荒れやニキビを防ぐ有効成分が配合
【全成分】
有効成分:アラントイン
その他の成分:精製水、DPG(保湿剤)、1,3-プロパンジオール(保湿剤)、エチルカルビトール(保湿剤)、濃グリセリン(保湿剤)、ウマスフィンゴ脂質(天然セラミド)(皮フ保護剤)、スフィンゴ糖脂質(発酵セラミド)(皮フ保護剤)、ヨクイニンエキス(保湿剤)、蒸留ハッカ水(保湿剤)、加水分解ヒアルロン酸(保湿剤)、トレハロース(保湿剤)、アルギン酸Na(保湿剤)、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(保湿剤)、グリセリルエチルヘキシルエーテル(保湿剤)、BG(保湿剤)、PEG(30)(保湿剤)、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)(皮フ保護剤)、POE・ジメチコン共重合体(乳化剤)、POE硬化ヒマシ油(乳化剤)、硫酸亜鉛(安定化剤)、ビタミンE(製品の抗酸化剤)、天然ビタミンE(製品の抗酸化剤)、クエン酸Na(pH調整剤)、キサンタンガム(固さ調整剤)、フェノキシエタノール(保湿剤)、香料

Wセラミド配合の保湿力特化の化粧水で、セラミド以外にもヒアルロン酸などの豊富な保湿成分が配合されています。

スプレータイプでサラサラとしたテクスチャーが特徴です。

酷い乾燥に悩まされている方に最もおすすめできる化粧水です。

有効成分だけでなく、肌荒れやニキビを防ぐ成分が数多く配合されております。

肌の助
肌の助

3種類の違った特徴の化粧水をご紹介しました。
あくまで自分に合った化粧水を選ぶことが大事ですのでお忘れなく!

スポンサーリンク

カサカサの乾燥肌にはまず化粧水を

【乾燥肌のニキビには、化粧水で速攻潤いチャージ】

洗顔後の肌は、乾燥しています。

そんな時に、すぐ化粧水で肌に潤いをチャージしなければ乾燥がひどくなります。

乾燥が招く肌への悪影響を考えると、化粧水選びはニキビ対策をする上でとても重要です。

化粧水を選ぶ時のポイントは、今回紹介した4つのチェック項目をチェックするだけです。

買った化粧水が自分に合うか不安…。などと考えずに楽しみながら自分に合った化粧水を選びましょう!