【決定版】テカテカのオイリー肌ニキビにおすすめの洗顔料5選!

スキンタイプ

オイリー肌のせいでニキビに悩んでいる方!今使っている洗顔料は本当に合っていますか?

実は、ニキビと戦う上で最も大切と言っても過言ではないアイテムが「洗顔料」なのです。

「どんな洗顔料も一緒でしょ?」「洗顔は適当に終わらせてるけど…。」なんて方は多いのではないでしょうか。

今回は、意外に簡単な洗顔料の選び方&おすすめの洗顔料5選をご紹介しますので、悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

一番ニキビができやすいのはオイリー肌?

肌の助
肌の助

まずはオイリー肌になる原因をチェック!

□ファストフード、ジャンクフード、炭水化物が中心など脂質の摂取量が多い偏った食事
□過剰な洗顔、ゴシゴシ洗顔などのNGなスキンケア
□毎日の睡眠の時間が取れずに睡眠不足に陥っている
□最近ストレスを抱え込んでいる
オイリー肌になる原因は様々ですが、まずはスキンケアの基礎である「洗顔」を見直すことをおすすめします。

ここから本題に入りますが、まずオイリー肌はニキビができやすい肌タイプです。

できやすい最大の理由は、「皮脂の過剰分泌」!

しかも、できやすいだけではなく、今あるニキビが悪化する危険が非常に高い肌タイプです。

皮脂の過剰分泌は、ニキビができやすい+ニキビが悪化しやすい肌環境に陥ります。

チェックリストには、NGな洗顔方法も入っていているので、洗顔を見直すことでオイリー肌の原因+ニキビケアを同時に行えます。

肌の助
肌の助

ニキビケアと正しい洗顔は、「セット」と考えておきましょう!

スポンサーリンク

オイリー肌は洗顔ケアが大切

洗顔ひとつでオイリー肌+ニキビが改善されるかもしれないと考えたら「洗顔」はとても大切ですよね。

私も以前はオイリー肌に悩まされたので、繰り返すニキビに絶望的な気持ちになるのはわかります。

ですが、まず洗顔を改善してニキビケアの第一歩を踏み出しましょう!

肌の助
肌の助

まずは、NGな洗顔方法から改善していきましょう!

NGな洗顔方法はすぐに改善すべき!

今からご紹介するNGな洗顔方法を毎日続けていると、ニキビ+オイリー肌の改善はいつまで経ってもできません。

さらに、ニキビが悪化して治りにくい黄ニキビまでに進行するケースも…。

明日からではなく今日から!NGな洗顔方法はやめて正しい洗顔方法にシフトしてくださいね。

×
ゴシゴシと皮脂をできるだけ取り除くように洗顔している 弾力のある泡を作って手ではなく「泡」で優しく洗顔する
1日に何度も何度も洗顔を繰り返している 1日に2回(朝・夕)だけ洗顔する
大量の洗顔料を使って洗顔をしている 洗顔料に記載されている適量を泡立てれば十分
皮脂を効率よく落とすために長い時間洗顔している 洗顔に掛ける時間は1分程度を目安にする

意外とNGな洗顔方法に一つでも当てはまっている方は多いのではないでしょうか。

テカテカの原因となる皮脂を早く落としたい気持ちは痛いほどわかります…。

でも、肌から皮脂を取り除いてしまうと、乾燥肌になってまたニキビに悩まされる毎日が訪れます…。

なので、正しい洗顔方法でニキビと戦う手段を得ましょう!

 

洗顔料を選ぶ時は慎重に!

数多い洗顔料の中からオイリー肌が原因の洗顔料を選ぶのは至難の業…。

なので、洗顔料選びにおいて最も重要なポイントを2つご紹介します。

ポイント①【洗浄力】

オイリー肌におすすめの洗顔料は、ずばり「洗浄力」が高い洗顔料です!

健康な肌の方と比べると「肌の皮脂の量が多い」=「肌に余分な皮脂が多い」ということがオイリー肌の特徴です。

オイリー肌は、肌に余分な皮脂を効率よく落として、肌に必要な皮脂を残せる洗顔料を選ぶことがベストです!

洗浄力が高い洗顔料なんて見分けることが難しいので、洗浄力が比較的に高い「フォームタイプ」、「石鹸タイプ」の洗顔料を選びましょう。

「フォームタイプ」、「石鹸タイプ」の洗顔料はよく目にしますよね?

なので、できるだけ「フォームタイプ」、「石鹸タイプ」の洗顔料を選んでください。

ポイント②【保湿成分】

オイリー肌のニキビで悩んでいる方も乾燥のケアはしないといけません。

オイリー肌でも洗顔料で皮脂を落としすぎてしまうと肌が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると、「乾燥から肌を守れ!!!」という指令が下り、皮脂を過剰に分泌して乾燥から肌を守ろうとします。

なので、オイリー肌でも乾燥ケアは必須です!

洗浄力の高い洗顔料で、肌の水分を必要以上に奪われないように配合されている保湿成分はチェックしましょう。

保湿成分
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ダイズエキス、エラスチン、リピジュア

洗顔料の成分を確認したい時は、裏などに表記されている成分表をチェックしてみてください。

2つの重要なポイントを押さえながら洗顔料を選ぶとより一層選びやすいと思います。

肌の助
肌の助

「ニキビケアの第一歩だ!」とワクワクしながら洗顔料を選んでくださいね♪

スポンサーリンク

【オイリー肌】おすすめ洗顔料5選

肌の助
肌の助

オイリー肌の洗顔料の選び方はわかったけど正直面倒くさい…。という方は必見!

成分や有効成分などの観点からおすすめの洗顔料を5つ選んでおります。

探すのが面倒くさいって方は、おすすめの洗顔料をご用意いたしましたので、この中から選ぶのもありかも!

選び方のポイント2つを踏まえておすすめの洗顔料を5つご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

(1)【オルビス】薬用 クリアウォッシュ

商品情報 内容量:120g
有効成分 【グリチルリチン酸2K】
炎症を抑える+肌荒れやニキビに効果を発揮
その他の成分 水、ステアリン酸、グリセリン、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、ミリスチン酸、アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミドコーポリマー液、BG、リン酸2Na、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、PEG(20)、PCAイソステアリン酸POEグリセリル、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体、メントール、ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル、カルボキシメチルセルロースNa
オルビス 薬用 クリアウォッシュのおすすめポイント!
  • 洗浄力が高い+バランスよく保湿成分が配合されている。
  • ニキビにアプローチしてくれる「グリチルリチン酸2K」が配合されている。
  • 生理前にできるニキビの防止+肌荒れを繰り返さない強い肌へと導いてくれる。
  • 低刺激なので、毎日の洗顔でも安心して使うことができる。

 

(2)【FANCL】アクネケア 洗顔クリーム

商品情報 内容量:90g
有効成分 【グリチルリチン酸2K】
炎症を抑える+肌荒れやニキビに効果を発揮
その他の成分 精製水、濃グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、水酸化K、BG、ラウリン酸、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、パルミチン酸、ソルビトール、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、SEステアリン酸グリセリン、PEG4000、イソステアリン酸POEグリセリル、シャクヤクエキス、トウニンエキス、シソエキス-1、プルーン酵素分解物、カンテン末、ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液、ジリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、リン酸1K、リン酸2Na、天然ビタミンE、d-δ-トコフェロール
FANCL アクネケア 洗顔クリームのおすすめPOINT!
  • 古い角質や肌に不要な皮脂をしっかりオフできる洗浄力がある。
  • 最大の特徴は、無添加の洗顔料で刺激に弱くなっている肌にも安心して使える。
  • 肌の潤いを必要以上に奪うことなく洗い上げることが可能。
  • 洗顔料では珍しい肌のバリア機能を高める3つの成分が配合されている。

 

(3)【プリュ】クリアファイン ブラックソープ

商品情報 【石鹸タイプ】内容量:90g
【フォームタイプ】内容量:120g
石鹸タイプの全成分 カリ含有石ケン素地、DPG、水、グリセリン、スクロース、ソルビトール、ステアロイルグルタミン酸2Na、スクワラン、エチドロン酸4Na、加水分解シルク、プラセンタエキス、BG、ペンチレングリコール、トリルビグアニド、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、オレンジ果皮油、炭
フォームタイプの全成分 水、グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ラウリン酸、ジステアリン酸グリコール、ステアリン酸PEG-150、ラウレス-6カルボン酸Na、スクワラン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、プラセンタエキス、カリ石ケン素地、グルコマンナン、コカミドプロピルベタイン、PEG-9M、BG、炭、ヒドロキシアニソール、オレンジ果皮油、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、水酸化Al
プリュ クリアファイン ブラックソープのおすすめPOINT!
  • 汚れを吸着して落とす炭のパワー+濃密な泡で効率よく毛穴をクリーンに。
  • ヒアルロン酸、コラーゲン、オレンジ油の3つの潤い成分のおかげで洗顔後はしっとり。
  • とにかく皮脂をどうにかしたい!という方は、特におすすめできる洗顔料。
  • 石鹸タイプとフォームタイプでは、成分に少し違いがありますが期待できる効果は一緒です。

【石鹸タイプ】

【フォームタイプ】

 

(4)【ビーグレン】クレイウォッシュ

商品情報 内容量:150g
有効成分 【モンモリロナイト】
毛穴に詰まった汚れやニキビ菌を優しく除去
その他の成分 水、イソノナン酸エチルヘキシル、ソルビトール、BG、ココイルグルタミン酸Na、ペンチレングリコール、ココイルグルタミン酸TEA、尿素、スクワラン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、アロエベラ葉エキス、カミツレ花エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、カプリロイルグリシン、エチルヘキシルグリセリン、クオタニウム-73、EDTA-2Na、フェノキシエタノール
ビーグレン クレイウォッシュのおすすめPOINT!
  • モンモリロナイトで毛穴に詰まった皮脂や汚れだけでなく、ニキビ菌に吸着して優しく取り除く。
  • グリチルリチン酸ジカリウムでニキビや肌荒れにアプローチ。
  • 価格は高いが、その分の効果を得られることができるかも。
  • 優しいテクスチャーで敏感になっている肌に嬉しい。

 

(5)【PRIMARY】Non A.石鹸

商品情報 内容量:100g
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム
炎症を抑える+肌荒れやニキビに効果を発揮
その他の成分 ダイズエキス・クワエキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、海藻エキス(1)、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン、メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュアⓇ)、カリウム含有石けん用素地、精製水、ラウリン酸、濃グリセリン、1.3-ブチレングリコール
PRIMARY Non A.石鹸のおすすめPOINT!
  • 一度は聞いたことのあるブランド名+ニキビに特化していて日本人に合う石鹸。
  • 余分な皮脂や汚れを落とす⇒炎症を抑える⇒保湿の3STEPが一つの洗顔で実現。
  • 洗浄力は高いが、無添加で肌に優しい洗顔料。
  • 脂性肌におすすめの洗顔の代表と言っても過言ではない。
肌の助
肌の助

おすすめした洗顔料の中には、肌に合わない場合があります。
合わないと思ったらすぐに使用をやめてください!

スポンサーリンク

オイリー肌の洗顔料選びは洗浄力と保湿力のバランスがカギ

スキンケアでまず見直すのは、「洗顔」と覚えておきましょう!

洗顔一つでニキビが少なくなったり、改善されたケースもあるくらい洗顔は大事。

オイリー肌で悩んでいるのに、違う肌タイプにあった洗顔料を使い続けても効果はあまり期待できません。

なので、自分の肌に合う洗顔料を選びましょう!

また、オイリー肌は、余分な皮脂が多いので洗浄力が高い洗顔料を積極的に選んでみてくださいね。

肌の助
肌の助

オイリー肌におすすめの洗顔料5選はいかがでしたでしょうか。
【洗浄力が高い+保湿成分が配合されている】この2つのポイント踏まえて自分に合った洗顔料選びを楽しみましょう!!!