スキンケア版|ニキビを早く治すためにしてはいけない19個のこと!

Q&A

こんにちは!美容ライターの肌のすけです。

突然ですが、ニキビを治すためにちゃんと正しいスキンケアを毎日欠かさずしているよ!と言えますか?

私が毎日しているスキンケアってあっているのかな?」なんて疑問に持ったままスキンケアをしている方が多いのではないでしょうか。

疑問を解決して毎日のスキンケアでニキビが早く治ったら嬉しいですよね!

肌の助
肌の助

今回は、意外としちゃっているNGなスキンケアと正しいスキンケア同時にご紹介します。

1日でも早くニキビを治したい方必見の内容となっています!

スポンサーリンク

【必見】ニキビケアは正しいスキンケアが大切!

皆さんは、ニキビを早く治したい!と思ったらまず何をしますか?

市販薬で速攻治す!」、「ニキビに効果的なスキンケアコスメを買う!」などと様々なニキビケア方法が思いつくのではないでしょうか。

そんな中で「スキンケアを見直そうかな!」なんて思いませんよね。

しかし、ニキビを治したい!と思ったその日からスキンケアを少しずつ見直すことをおすすめします。

ニキビケアにしてはいけないスキンケアをすると、、、

✔ニキビができる。

✔できているニキビが悪化して赤ニキビや黄ニキビまで進行する恐れがある。

✔市販薬やニキビに効果的なスキンケアコスメをいくら使ってもスキンケアが原因でニキビが治らない場合がある。

もちろん正しいスキンケアを日頃から心掛けて実行している方もいます。

でも、正しいスキンケアを知らない方からするといきなり「正しいスキンケアを今日からして!」と言われても難しいですよね…。

※私は、当時正しいスキンケアなんてもちろん知らなかったのでとても苦労しました、、、

そこで、まずはしてはいけないスキンケアをやめるところから始めましょう!

スポンサーリンク

ニキビを早く治すためにしてはいけない19個のこと

ニキビがなかなか治らない…。」、「繰り返しニキビができる!」といった悩みがある方は、してはいけないスキンケアに当てはまっている可能性が高いです。

※ちなみに私はほとんど当てはまっていました…。

してはいけないスキンケアにたくさん当てはまっていも心配はありません。

落ち込まずにしてはいけないスキンケアをやめればいいだけです。

最初は、面倒くさいと感じますが、後にスキンケアを見直してよかった!と思う日がきっと来るはずです。

肌の助
肌の助

ニキビを絶対に治してやる!といった意気込みでスキンケアライフを変えていきましょう!

クレンジング編

してはいけないクレンジング してはいけない理由
□クレンジングを長時間している ・肌の潤いを奪って乾燥を招く
□ナチュラルメイクの日はメイク落としをしない ・メイクの汚れなどが毛穴に詰まってニキビができる
□クレンジング剤を適量よりも少なく使っている ・摩擦によって色素沈着の原因になる
・刺激が原因で肌荒れやニキビを悪化させる
□ゴシゴシとクレンジングをしてメイクを落としている
□拭き取りタイプのクレンジングでメイクを落としている
□クレンジング後にタオルでゴシゴシと水分を拭き取っている
肌美
肌美

メイクをよく落とすためや節約のためなどと考えてしまい、ついついしてしまうことが多いですね。

私も気を付けないと!

☆正しいクレンジング方法☆

①手を洗って雑菌や汚れを綺麗に落とす

②口元と目元のポイントメイクは専用リムーバーで優しく落とす

③適量を守ってクレンジング剤を乾いた手に出す

④Tゾーン⇒頬⇒目元、口元の順に優しくクレンジング剤を謎ませる

⑤32度程度のぬるま湯ですすぎ残りがないようにすすぐ

⑥清潔なタオルでポンポンと優しく水気を拭き取る

オイルクレンジングは、洗浄力が強いので肌への負担は大きいです。
なので、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤がおすすめです。

 

洗顔編

してはいけない洗顔 してはいけない理由
□熱いお湯や冷水で洗顔をしている ・肌のバリア機能を低下させ乾燥を招く
□洗顔を長時間している ・肌の潤いが奪われて乾燥を招く
□適当にすすいでいる ・肌に残った洗顔料が原因でニキビが悪化する
□手で直接ニキビに触れながら洗っている ・摩擦によって色素沈着の原因になる
・刺激が原因で肌荒れやニキビを悪化させる
□洗顔後にタオルでゴシゴシと水分を拭き取っている
□泡立てをしていないまま洗顔をしている
□ゴシゴシと力を入れて洗顔をしている
肌美
肌美

テカテカが気になるため皮脂を落とすためにしてはいけない洗顔方法をするケースが多いようです。

私はどっちかというと乾燥肌でしたので洗顔はできるだけ短時間に抑えていました…。

☆正しい洗顔方法☆

①手を洗って雑菌や汚れを綺麗に落とす

②ぬるま湯で肌表面の汚れを簡単に落とす

③洗顔料を泡立てる

※泡立てネットを使うと簡単に泡立てることができます

④Tゾーン⇒頬⇒目元、口元の順に泡で洗顔をする

※乾燥しやすい目元、口元は特に優しく洗顔をする

⑤32度程度のぬるま湯ですすぎ残りがないようにすすぐ

※髪の生え際や顎周辺はすすぎ残りしやすいので注意する

⑥清潔なタオルでポンポンと優しく水気を拭き取る

 

アフターケア編

してはいけないアフターケア してはいけない理由
□洗顔後にすぐ化粧水を付けない 洗顔で潤いが奪われている状態を放置していると乾燥を招く
□化粧水を大量に付ける 大量に付けるだけ刺激を肌に与える
□化粧水をパッティングして肌に馴染ませている 刺激が原因で肌荒れやニキビを悪化させる
□化粧水だけでアフターケアを終わらせている 化粧水に含まれている水分と一緒に肌の水分が蒸発して乾燥を招く
□乳液を大量に付ける 油分によってニキビが悪化する
□乳液より先に化粧水を付けている 油分が膜を張って化粧水の成分が浸透しない
肌美
肌美

パッティングは、浸透力アップさせるイメージを持ってしまいますが、肌に刺激を与えることに…。

アフターケアでの保湿は、ニキビケアにとても大切ですよ!

☆正しいアフターケア☆

①手を洗って雑菌や汚れを綺麗に落とす

②500円玉程度の化粧水を手のひらに出す

③両手で化粧水を温める

④顔の内側から外側に向かって優しく馴染ませる

⑤両手で顔を覆ってプレスする

⑥10円玉程度の乳液を手のひらに出す

⑦両手で乳液を温める

⑧顔の内側から外側に向かってムラなく馴染ませる

※目元、口元の乾燥が気になる場合は重ね塗りをする

スポンサーリンク

この機会にスキンケアを見直して正しいスキンケアを心掛けよう!

\してはいけないスキンケアまとめ/

✔してはいけないスキンケアを続けると、ニキビができたり悪化する危険が高い

✔ニキビができている肌は、刺激に弱いので優しくスキンケアをする

✔してはいけないスキンケアをしていたらやめることから始める

✔日々のスキンケアライフを正しいスキンケアに徐々にシフトしていく

正しいスキンケアをできるようになってもニキビがなかなか治らない場合…。

え?正しいスキンケアをしているけどニキビが治らないじゃないか!」と叫びたくなる気持ちはわかります。

しかし、正しいスキンケアを習得できたことは、ニキビに悩まされない肌への第一歩と考えるようにしましょう!

正しいスキンケアをできることは、当たり前のようで難しいことなのでまずは自分を褒めてください。

少し少しの積み重ねでニキビと戦っていきましょう!

Q&A
スポンサーリンク
ニキ美肌